HOME>研修事業
研修事業
ベルキャリエールは、スタッフのみなさまが安心してより良いお仕事に就くことができるよう、また、企業社員のみなさまのスキルアップ、新入社員のみなさまに各種研修によるフォローアップ体制でスキルの向上をサポートします。
需要の高い貿易実務講座をはじめ、ビジネスマナー、簿記講座などを定期的に開講しています。

メイン講師紹介

写真

株式会社ベルキャリエール 教育研修チームリーダー

貿易実務講師

大手総合物流会社にて輸出入業務を30年に渡り、営業や業務を担当。中小荷主から大手メーカーの様々な商品の輸出入業務を経験し、物流提案、荷主のサポート、輸出入の手配から貿易書類作成、貿易実務の指導や労務管理など幅広く経験。
現在、ベルキャリエール研修チームリーダーとして、講座の企画立案から講師までを一貫して行い、企業向け研修の細部までこだわったカスタマイズも行う。

貿易実務基礎研修受講者様のアンケート結果(2015年10月29日更新)

スタッフ向け貿易実務基礎講座・企業様向け貿易実務基礎研修の参加者様に答えていただいたアンケート結果(2011〜累計)を集計しました。

受講スタッフのアンケート結果

貿易事務の経験はなかった

あなたは、貿易事務経験者ですか?

1位
経験なし(77.2%)
2位
経験あり(22.8%)
円グラフ

たくさんの未経験の方が受講され、貿易のおもしろさやスキルを身につけて様々な企業で活躍しています。

経験者の方は、さらにブラッシュアップされ、頼りにされる人材として活躍しています。

弊社オリジナルテキストは分かり易く、非常に良かった

弊社オリジナルテキストの評価は?

1位
非常に良い(79.3%)
2位
良い(19.7%)
3位
無回答(0.6%)
4位
まずまず(0.4%)
円グラフ
  • ・分かりやすい図がカラーで載っていて、イメージしやすかったです。説明も簡潔でわかりやすかったです。(沼津 未経験者)
  • ・絵・図・書類サンプルと字面を補足する挿入が豊富で講座の後でも長く復習に使用できると思いました。(東京 未経験者)

弊社オリジナルサンプルは適切な解説でわかりやすく、非常に良かった

弊社オリジナルサンプル資料の評価は?

1位
非常に良い(81.2%)
2位
良い(16.5%)
3位
無回答(1.3%)
4位
まずまず(0.9%)
円グラフ
  • ・初心者でしたが、頭にすんなり入ってきた。(清水2日講座 未経験者)
  • ・適切な解説でわかりやすく、丁寧な説明で興味深い内容でした。先生のアプローチの仕方もすばらしいと思います。(東京 経験者)

大変充実した研修で、非常に満足しています

※「満足」を含む

この研修に対する受講スタッフの満足度は?

1位
非常に満足(65.1%)
2位
満足(28.1%)
3位
普通(3.0%)
4位
無回答(2.3%)
5位
やや物足りない(1.5%)
円グラフ
  • ・大変充実した研修でした。未経験でも分かり易く楽しかったです。貿易の仕事により興味を持ちました。個人的に勉強しつつ、今後の研修にも参加させて頂きたいと思います。有難うございました。(東京 未経験者)
  • ・講師の講習は、非常に分かりやすくスピーディーながらも細かく丁寧な説明で興味がつきる事が無かった。テキストも流れにそくしており図解も見やすく、分かり易かったと思います。すばらしい講習でした。ありがとうございました。(東京 経験者)

研修受講企業様のアンケート結果

弊社オリジナルテキストはわかりやすく、非常に良かった

※「良い」を含む

弊社オリジナルテキストの評価は?

1位
非常に良い(63%)
2位
良い(34%)
3位
まずまず(3%)
円グラフ
  • ・非常にわかりやすく、今後の実務でも参考にしていきたいテキストだった。 (メーカー 男性)
  • ・知識のない人にも大変分かりやすくなっていた。(通関業者 男性)

弊社オリジナルサンプルはイメージがわきやすく、非常に良かった

※「良い」を含む

弊社オリジナルサンプル資料の評価は?

1位
非常に良い(57%)
2位
良い(41%)
3位
まずまず(2%)
円グラフ
  • ・テキストとともに、実際のサンプル資料を見ながら、講義を受けられたことで、イメージがわきやすくなりました。 (メーカー 男性)
  • ・日頃疑問に感じていた事が分かり営業に活かせると感じました。(物流 男性)

自分が担当している内容の知識がとても深まり、満足しています

※「非常に満足」を含む

この研修に対する受講スタッフの満足度は?

1位
満足(54%)
2位
非常に満足(33%)
3位
普通(12%)
4位
やや物足りない(1%)
円グラフ
  • ・私は新入社員ですが、現在自分が担当している内容はとても知識が深まったと思います。逆に研修内容を幅広く理解することで仕事への幅も広がると思いました。(通関業者 女性)
  • ・このような研修を受けるのは初めてでした。今までよく知らずに実務を行っていたので、とても勉強になりました。業務の流れがよくわかり、知らない用語も理解できました。もう少し時間をとって、じっくり勉強したかったと思います。これからも、勉強して資格等もとってみたいと思うようになりました。2日間ありがとうございました。(メーカー 女性)

用語集

  • A-C
  • D-F
  • G-I
  • J-M
  • N-P
  • Q-S
  • T-V
  • W-Z
A/R (all risks)
全危険担保。旧ICC(協会貨物約款)、新ICCでは(A)条件。
accountee
信用状発行依頼人、勘定支払人
Advising Bank
発行銀行が信用状を通知する輸出側のコルレス銀行(為替取引契約を締結している銀行)
after payment
=Deffered Payment 後払い
AWB ( Air WayBill )
航空貨物運送状。海上運送におけるB/Lに相当するもので、貨物搭載と引替に航空会社の発行する運送状書類。
B/Lとの違いは、有価証券ではないので流通性無。(受取り式)
American Land Bridge
日本からアメリカ西海岸まで海上輸送後、アメリカ東海岸またはガルフ諸港まで鉄道輸送を経て欧州各港まで 海上輸送する海陸複合輸送。
amendment
条件変更、訂正
A/N ( Arrival Notice )
船社またはNVOCCから、船荷証券(B/L)上のNotify宛てに発行される貨物の到着予定通知状。
application
依頼書・申込書の事で、輸入では信用状の発行依頼書、輸出では買取依頼書のこと
as arranged
読み方略:アズアレ。B/L上に海上運賃明細を記載しない(運賃非表示)
at 90 days
90日目に(支払期日) 表現例:T.T.Remittance at 90days after sight.
AEO(Authorized Economic Operator)
主に物流貨物のセキュリティ面のコンプライアンスが優れているとして、税関が認定した輸出入者などの事業者のこと。
B/L surrendered Method
B/L オリジナルを輸入地に送らず、現地での貨物を引渡す時に使われる方法で、流通性のあるB/Lを積み地で原本全通運送人(船社)に差し入れる事により、輸入地でのB/L原本の差入れなしに引渡を迅速に行う方法。
(通称Surrender B/L 輸出地で回収されたB/Lの意味)

B/L揚げ
B/Lを輸出船会社からピックアップすること。(発行されたB/Lを船会社に取りに行くこと)
BAF(Bunker Adjustment Factor)
運賃の燃料費割増料金(海上運賃)。バンカー・サーチャージ(Bunker Surcharge)とも呼ばれる。欧州、豪州同盟が1973年の第一次オイルショックの際に導入した料金。現在は原油高に伴い導入されている。
balance

残高

basic freight
基本運賃。(Base Freightが一般的)
B/T(Berth Terms)
海上運送の基本運賃は船への貨物積込み及び船からの荷卸費用が含まれており、この運賃体系の事。
B/C(Bill of Collection)
取立手形
blank endorsement
白地裏書。貨物の次の権利者を指定せず、輸出者のみ各証券の裏に署名すること。
body
本文
bona fide holder
善意の所持者、保持者
B/A ( bonded area )
保税地域。(Hozei Area=H/Aともいう)
B/W(bonded warehouse)
保税倉庫。(Hozei Warehouse=H/Wともいう)

box rate
コンテナ単位の海上運賃体系。20Fや40F当たりの運賃で、品目別のCBR(Commodity Box Rate)が一般的である。
break down
明細、内訳


CAF(Currency Adjustment Factor)
通貨変動割増料率。(海上運賃)通貨変動による船会社の為替差損益を補填するための割増料金。カレンシー・サーチャージ(Currency Surcharge)とも呼ばれる。
YAS※と同様に米ドル建てで計算されている為、近年の円高・ドル安傾向に対する船会社の防衛措置として導入されている。
(※YASはY行参照)
C/T(carton)
カートン梱包。段ボール梱包の一つで比較的軽量物を梱包するのに適している。
CFR(C&F)
Cost and Freight(・・仕向地)貿易取引条件(建値)で、本船渡し運賃(海上運賃等)込み条件。
買主が海上保険の手配と保険料を負担する条件。(伝統的な条件の一つ)
CFS(Container Freight Station)
船社が輸出ではLCL(混載)貨物を集荷し、仕向地毎にコンテナ詰したり、輸入ではコンテナ混載貨物を取り出し、輸入者に引き渡す作業を行う場所。 ここで扱う貨物をCFS貨物ともいう。
CIF
Cost,Insurance and Freight(・・仕向地)貿易取引条件(建値)で本船渡し運賃保険料込み条件。
(伝統的な条件のひとつで輸出者が運賃の支払いや保険契約する)
Capital
資産、財政状態(信用調査項目 参考:3'C)
CPT
Carriage,Insurance Paid to(・・地名) 運送人渡輸送費込み(コンテナ化による新条件)
Carrier's Pack
運送人がコンテナ詰めをすることで、小口貨物(LCL貨物)をCFSで一括して受け取りコンテナ詰めをする。
CLP(Container Load Plan)
コンテナ内積付表。コンテナ内に積載された貨物の明細を記載した書類。コンテナ1本単位に、FCL貨物の場合は海貨業者がD/Rと共に作成、LCL貨物はCFSオペレーターにより作成された船会社やCYに提出され、この情報に基づいて船積が行われる。
Combined Transport B/L
複合運送船荷証券。(利用運送業者である※NVOCCが発行するB/L)※N行参照
Condition
その他の条件(信用調査項目 参考4'C)。企業を取り巻く政治・経済的な条件を見る。
Confirming Bank
確認銀行
Consignee
荷受人 通常輸入者の事であるが、B/Lに記載される場合は貨物を引き取る権利のある者で、所有権者のことを表す。
Consolidation
コンソリ 混載 コンテナ1本を貸し切るには費用対効果の面で不都合と思われる小口貨物を、複数の顧客から集めて一本のコンテナに仕立てる利用運送業者(Consoridator)の営業形態。
Contract Note
契約書
Correspondent Bank
取引銀行、コルレス銀行(外国為替銀行)
Counter Offer
カウンター・オファー、反対申込み


C-TPAT(シーティーパッド)
Customs-Trade Partnership Against Terrorism。
テロ対策の一環として米国税関庁の示すセキュリティガイドラインにのっとったプログラム。
CY (Container Yard )
船会社により指定された港頭地区の保税蔵置場であり、輸出では実入りコンテナの引受、船積みまでの蔵置、
輸入では船卸した実入りコンテナの蔵置と引き渡す施設(地域)
acceptance
承諾、引き受け
advance payment
前払い(貿易取引決済方法)
after date
後払い条件(貿易取引決済方法)

after sight
一覧後○○日払い条件
airfreight
航空運賃


alien corporation
海外企業

Amicable Settlement
和解
applicant
依頼人(信用状の発行依頼人=輸入者)

arbitration
仲裁

Assured
被保険者(保険金の支払いを受ける者)
at sight
一覧の、見たら(通常、書類や荷為替手形が輸入地に届いた時等)
B/L ( Bill of Lading )
船荷証券。貨物の権利を表す有価証券で、貨物の受領及び海上運送に関する契約書であり、輸入地での引取証券でもある。
B/L cut日
予約した本船に積み込むことのできる期限日で次の3つが終了していなければならない。
1)船社にD/Rを差し入れる締め日。
2)船社のCYやCFSの貨物搬入締め日
3)輸出申告の最終日
B/L date
B/L 上に記載される発行日。通常、出港日の意味として利用される。

bag
バッグ梱包。粉末などを輸送する場合に利用される梱包方法の一つ。風袋は紙や布、ポリエステル等が用いられている。
Basel Convention of the Control of Transboundary Movement of Hazaedous Wastes and their Disposal
バーゼル条約。有害廃棄物の国境を超える移動及びその処分の規制に関する条約。輸出入とも経済産業省の承認申請が必要。
beneficiary
信用状に記載される取引額の受益者(=輸出者)
bill
請求書、手形、紙幣、目録

Bill of Exchange
為替手形
board
甲板

bona fide
真正の
bond
保証金、保証書
bonded goods
保税貨物
booking
船会社、航空会社に貨物の運送依頼(船腹など)の予約をすることで、ある仕向地までのスペース確保が目的。
breakage
破損

break bulk cargo
バラ荷、在来船に船積みされる貨物の事を指すが、最近はコンテナ船積みで、コンテナに収納できない長尺貨物や重量貨物の事を指す事が多い。コンテナ船のデッキ上や船倉内にそのままの状態で積載されたりする。
C/S(case)
ケース梱包。木箱に入れる密閉梱包の一つで、工作機械設備、精密機械などの重量物梱包に用いられる。
最近では諸外国の植物検疫規制強化(木材強化)により、検疫の不要な鋼材を用いたスチール(steel)、トライウォール(Tri-Wall,強化段ボール)等がある。

Certificate of Origin
原産地証明書。貨物の原産国を証明した書類で、日本から輸出する場合は、各地の商工会議所で発給を受ける。
輸入の場合は特恵関税の適用を受ける。輸入の場合は特恵関税の適用を受ける為に必要な証明書を指し、原産国の税関などが
輸出の際に発給する。日本ではUNCTAD(国連貿易開発会議)での合意に基づく国際的に統一された様式"Form A"の
原産地証明書以外では特恵関税は適用されない。
CFS Charge
LCL貨物をCFS(船社)でコンテナ詰めしたり、取り出したりする時の費用で、輸出ではB/L発行時輸出者より徴収し、輸入ではB/
L差入れと同時に輸入者より徴収し、引き換えにD/O発行する。
Character
誠実性。(信用調査項目 参考:3'C)


Capacity
営業能力。(信用調査項目 参考3'C)
CIP
Carriage,Insurance Paid to(・・地名) 運送人渡輸送費保険料込み(コンテナ化による新条件)
Clean B/L
無故障船荷証券。貨物に異常が見られないことを証明したB/Lで、信用状などで銀行に買取するには担保となるB/L
Commercial Invoice
商業送り状(インボイス、I/V)。日本の関税法では「仕入書」という。
品名、数量、取引価格、契約条件、契約単価、船名、積み地、仕向地、輸出者、輸入者等が記載されており、船積み明細や請求書であると共に、代金の決済、輸出入申告等に利用される最重要書類の一つである。
commission
手数料

Confirmation of Order
契約書・注文書

Confirmed L/C
確認信用状
Collection Bank
取立銀行

Container Vessel
コンテナ船


Conventional Vessel
在来船
Customs House
税関
Crate
クレート梱包 透かし梱包 略:C/R 外から貨物が見えるような梱包方法の一つ。工作機械や精密機械など重量物梱包に用いられる。
梱包材には木材(Wood)、スチール(Steel)等がある。
CuPES (Customs Procedure Entry System )
カペス。税関手続き申請システム。2003年4月より実施されている。従来書面提出していた申請・届出等を電子化したもの。
主にNACCS非対称物品が対象。
D/A ( Documents against Acceptance )
引受け渡し。信用状無しの貿易決済方法で、荷為替手形を輸入者の引受(将来の支払確約)を受けたら、船積書類などを輸入者に渡す条件。

Delivery
引渡し

DES ( Delivered Ex Ship)
本船持込渡し。インコタームズ2000。インコタームズ2010では削除。
DDU ( Delivered Duty Unpaid )
関税抜き持込み渡し。インコタームズ2000。インコタームズ2010では削除。
Demand Draft
送金小切手。 同:Bank Check
Devanning
コンテナから貨物を取り出すこと。⇔反:Vanning
D/O ( Delivery Order )
荷渡し指図書。船会社が貨物の引渡しをCYやオペレーターに指示する書類。本来引渡しはB/Lと引き換えに行われるべきものであるが、実際には船会社は荷受人のB/L提出と引替にD/Oを発行し、荷受人がそれをCYやCFSに提示して貨物の引渡を行う。
D/P(Documents against Payment )
信用状無の貿易決済の方法で、輸入地の銀行に取引金額の支払と引き換えに買取書類を受け取れる条件。
Draft
為替手形

Drayage
ドレージ。コンテナを陸上運送すること、または運送料のことをいう。
ヨーロッパではHaulageという表現が一般的。DRAY(ドレー)は一般にコンテナ運送のこと。
Dry Container
コンテナの種類。一般貨物や固体の貨物を収納する密閉型コンテナで一番多く利用されるコンテナ。
E/D (Export Declaration )
輸出申告書。貨物を輸出する際、輸出者名、品目、数量、価格などを記載して税関に申告するために提出する書類。
税関が輸出を許可した後は輸出許可通知書(Export Permit)となる。



E/L (Export Licence)
輸出許可・承認書。輸出貿易管理令に特定されている輸出をするときに通関する前に経済産業大臣の承認や許可を受ける必要があり、申請が認められ発給される書類。
Endorsement
裏書。輸出のB/Lの場合、輸出者がB/Lの裏にサインをすることにより次の権利者への譲渡が可能になり、そのB/Lに流通性が出てくる。B/Lは通常3枚発行されるがこの内、一枚に裏書きされれば残りのB/Lは無効となる。
ETD (Estimated Time of Departure)
出発(出港)予定日。船舶・航空業界でも使用されている。
Expiry Date
有効期限
EPA (Economic Pertnership Agreement)
経済連携協定
特定の二国間又は地域間で、域内のヒト、モノ、カネに移動に自由化や円滑化を図るため、幅広い経済関係の強化を目的とする協定
EU
The European Union 欧州連合。


FCA (Free Carrier)
運送人渡し。インコタームズ条件。
Final Destination
主にB/Lに記載されている項目で、貨物の最終仕向地のこと。但し、船会社の輸送責任はあくまでもPlace of Delivery欄に書かれている場所までとなる。
FOB (Free on Board )
本船渡し。(伝統的な条件) インコタームズ条件。
Form A
貨物の原産国を証明した原産地証明書の様式の一つ。輸入時、特恵関税を適用する為に必要な証明書で、原産国の税関などが輸出の際に発給する証明書。正式には略G.S.P. Form A(G欄参照)
FPA (Free from Particular Average )
分損不担保条件、ICC(C) Free from Particular Average。 新ICCでは「C」条件分損担保条件(WA)との違いは「荒天遭遇による塩濡れ損害が担保されないこと」
Freight Collect
運賃後払い(到着地にて輸入者側が船社や航空会社等に払う)

FTA (Free Trade Agreement )
自由貿易協定。特定の国や地域間で、物品の関税やサービス貿易の障壁などを削減・撤廃することを
Deferred Payment
後払い=After Payment のこと。延払方式(貨物代金の回収方法)
輸出貨物が完全に輸入者に引き渡された後、一定期間代金の支払いを延期して、期日に支払う方法。
DAF ( Delivered at Frontier )
決済(売値)条件で、国境持込渡し。インコタームズ2000で規定、インコタームズ2010では削除。
DEQ ( Delivered Ex Quay)
埠頭持込渡し。インコタームズ2000。インコタームズ2010では削除。
DDP ( Delivered Duty Paid )
関税込み持込み渡し。
Detention Charge
コンテナのCY返還遅延料。
Discrepancy
ディスクレ、不一致。信用状条件と買取書類の内容が違っていること。
Documentary Credit
信用状。Letter of Credit=L/C



D/R(Dock Receipt)
CYやCFSオペレーターが発行する貨物受取書。在来船のMate's Receipt(本船受取証)に相当する。
通常Master B/L(B/L印刷時の原稿)と一体化(One-Writing)していおり、海貨業者が作成し船会社経由で提出
すると各オペレーターが署名
している。D/Rのデータ等に基づいて本船への積付が行われる。
Drum
ドラム梱包。略:DRM、D/M
液体などを輸送する場合に用いられる梱包方法の一つ。材質は、スチール(steel)、ファイバー(Fiber)、プラスチック(Plastic)等。
Duplicate
2枚の、2通の

EIR (Equipment Interchange Receipt)
機器受渡し証。コンテナ物流では船会社が荷主にコンテナを貸し出して輸出入を行っている。その際、貸し出す船会社と荷主(実際はコンテナ運送業者)間で受け渡されるコンテナの外装状態を記載した証明書のこと。コンテナ番号や船名など識別データの他にダメージを記載する項目もある。特に輸入のコンテナにダメージ状況を表示することが多い。輸出時にダメージが有る場合は船会社が引受を拒否するため。
EDI (Electric Data Interchange)
電子データ交換


ETA (Estimated Time of Arrival)
到着予定日。船舶・航空業界でも使用されている。


EXW (Ex Works)
工場渡し。インコタームズ条件。
Export Permit
輸出許可通知(書)
Euro
ユーロ、EUの共通、単一通貨


FAF (Fuel Adjustment Factor )
アジア関係4同盟、1協定が1999年の燃料油高騰の際に導入した料金で船舶用燃料(重油)などの価格変動を運賃に反映させる割増料金のこと。現在は極東、東南アジア、中近東、南米航路で導入されている。
FCL (Full Container Load Cargo )
コンテナ1個を満たす貨物。
Firm Offer
ファームオファー。確定(売り)申込。

Foreign Exchange
外国為替
Foul B/L
故障付き船荷証券。


Freight Conference
運賃同盟(海上運送)


Freight Prepaid
運賃前払い(船積み地にて輸出者が船社や航空会社等に払う)





gang
ギャング。港での荷役作業の単位。

GA (General Average)
共同海損貨物海上保険の対象となる損害の種類
general cargo
一般貨物


General L/C(Open L/C)
買取銀行不指定信用状
general terms and conditions
一般取引条件
guarantee
保証


handling charge
取扱手数料
heading
見出し
H/A (hozei area) =B/A (Bonded area)
保税地域。保税制度の一形態で、外国から輸入する貨物について、その関税及びその他の税金を一時課税しないままにしておく場所であり、輸出入貨物の税関手続(通関)をする為の場所でもある。

Drayage
ドレージ。コンテナを陸上運送すること、または運送料のことをいう。
ヨーロッパではHaulageという表現が一般的。DRAY(ドレー)は一般にコンテナ運送のこと。
HAWB (House Air WayBill)
混載運送状。混載業者が自己の運送約款に基づいて、荷主と運送契約を締結の時に発行する航空運送状で、IATA航空会社の統一様式とは異なるもの。


house to house
ドアツードアの輸送


IC (Important for Consumption)
直接輸入。本船や保税地域から貨物を直接国内に輸入すること。
ICC(Institute Cargo Clauses)
(ロンドン保険業者協会の)協会貨物約款
I/L (Import License)
輸入承認
IMO (International Maritime Organization)
国際海事機関

Incoterms
インコタームズ(Interntional Commercial Terms )
貿易条件の解釈の為の国際規則 (International rules for the Interpretation of Trade Terms)
IQ(Import Quota)
輸入割当制
Invoice
商業送り状。Commercial Invoice 輸出者が輸入者に対して発行する請求明細書で、契約内容が凝縮した書類。輸出入の税関申告や決済に使用される貿易3大書類の一つ
ISO (International Organization for Standardization)
国際標準化機構
gate
CYのコンテナの搬出入口で、出入りに必要な書類の受渡、コンテナの異常のチェックが行われる。
GATT(General Agreement on Tariffs and Trade )
関税と貿易に関する一般協定
GRI(General Rate Increase)
海上運賃一括値上げのこと。海運同盟が、海上運賃タリフ(Tariff)を全品目一律値上げをすること。
これには、日本荷主協会との事前協議が必要である。
general merchandise
一般雑貨、雑貨
goods
商品
GSP(generalized system of preferences)
一般特恵関税制度。自ら受益を希望した開発途上国原産の輸入品に対して、先進国が一方的に(相互的にでなく)一律に普通の場合よりも低い関税率を適用する制度。
haulage
・ヨーロッパで、Drayage(ドレージ)のこと。Drayage参照。
・横持ち料金
honor
決済する
H/W (hozei warehouse) =B/W (Bonded warehouse)
保税蔵置場。保税地域の一種で、外国貨物を輸出入手続することなく、長期(2年以内)にわたり蔵置することができる場所として、税関長が許可したもの。


Duplicate
2枚の、2通の


HQ (High-Qube Container)
40Fコンテナのうち、9'6"高さのこと。ハイキューブと言われている。
通常の高さは8'6"であり、容積勝ちの貨物の運送に利用されるが、H16'車両制限令の改正により、あらかじめ定められた指定道路を運行する場合に限り、特別な手続きなしで運行が認められた。使用する前に国土交通省への申請が必要であり、ただし、海外での通行可能か確認を取る必要がある。
IATA (International Air Transport Association)
国際航空運送協会。1945年キューバのハバナに於いて、各国定期国際航空会社が結成し、航空運送の安全性、確実性、及び経済性などの向上を目的として創立された団体。
ICC(International Chamber of Commerce)
国際商業会議所
I/D (Import Declaration)
輸入申告書
IMDG Code(International Marine Dangerous Goods Code)
国際海上危険物規則。国連危険物輸送委員会による国連勧告をうけてIMO(国際海事機構)が危険物の個品輸送に関して定めた規則。危険物の定義、容器の基本基準要件、試験規定及び運送基準などが定められており、
危険物海上運送のバイブルとなっており、日本では同規則を批准した「危険物船舶運送及び貯蔵規則」が制定されている。
I/P (Import Permit)
輸入許可(書)


Inquiry
引き合い
Irrevocable L/C
取消不能信用状 ⇔反:Revocable L/C


IS (Import for stowage)
税関長の許可を受けて、貨物を保税蔵置場に入れる。
JETRO (Japan External Trade Organization)
ジェトロ(独) 日本貿易振興機構

Lawsuit
訴訟


LCL (Less than Container Load Cargo)
コンテナ一本に満たない小口貨物、LCL貨物という。


Liner
定期船


Mail Transfer
郵便送金

Mediation
斡旋、調停
MAWB (Master Air Way Bill)
HAWBに対して、航空会社が発行する利用航空運送事業者(混載業者)宛て航空貨物運送状。
Lasing
ワイヤーやロープを使って、コンテナや本船に積まれた貨物の荷崩れ防止の為に動かないように固定すること。ショアリング(Shoring)とも呼ばれる。
L/C (Letter of Credit )
信用状。輸入者の依頼で、銀行が発行する荷為替信用状の事で、船積書類の提示、輸出入手形に対して、発行銀行が商品代金の支払いを確認した保証状。
L/G (Letter of Guarantee)
輸入においてOriginal B/Lが未着で貨物の引取ができない時、B/Lの代わりに船社に差し入れる保証状だが、通常は銀行が連帯保証人となっているBank L/Gを差し入れる。
L/I (Letter of Indemnity)
補償状。輸出者が船会社に対し、貨物に瑕疵があることを起因として運送状のトラブルが生じた場合には、輸出者が一切の責任を
補償することを確約した補償状のこと。通常L/Gとも呼んでいる。
Marine Risk
ロイズS.G.保険証券本文に列挙され、保険会社が担保する危険で、海上運送にともなって発生する危険。戦争・ストライキ危険は含まれない。
Minimum Freight
最低運賃
Negotiating Bank
買取銀行


NAFTA (North American Free Trade Agreement)
北米自由貿易協定(加盟国:アメリカ、カナダ、メキシコ)
Offer
オファー、申し込み
Open Policy
包括予定保険
Order B/L
指し図式船荷証券
次の権利者を特定していないもので、B/L上の「Consig
nee」の欄には「to order」や「to order of shipper」等と表示される。

Place
マーケティングの4P。流通チャンネル政策
(参考:4Pに係る活動を、最適な状態に組み合わせることをマーケティングミックスという)
Product
マーケティングの4P。製品政策(参考:4Pに係る活動を、最適な状態に組み合わせることをマーケティングミックスという)
Promotion
マーケティングの4P。プロモーション政策、どんなコミュニケーション活動をするか。(参考:4Pに係る活動を、最適な状態に組み合わせることをマーケティングミックスという)
Purchase Note
注文書
NACCS (Nippon Automated Cargo Clearance System)
通関情報処理システム(ナックス)
国際運送貨物に係る税関手続、その他の国際貨物業務を迅速かつ的確に処理する為に稼働を開始した電算処理システム
Notify Party
B/Lに記載される到着貨物通知先
Offer Subject to Confirmation
確認条件付きオファー(略:サブコン)
Opening Bank
信用状発行銀行、開設銀行 (同:Issuing Bank )
Packing List
パッキングリスト、包装明細書、梱包明細書
Partial Shipment
分割船積
Postal Money Order
郵便為替


Price
マーケティングの4P。価格政策(参考:4Pに係る活動を、最適な状態に組み合わせることをマーケティングミックスという)
Provisional Policy
個別予定保険



quadruplicate
4通の、4倍の
quantity
数量
Quarantine Certificate
検疫証明書
Quotation
建値表、見積書
quote
価格や条件を提示する

Reimbursing Bank
信用状の補償銀行


Restricted L/C
買取銀行指定信用状 =同:Special L/C

Revolving L/C
回転信用状


Sale Note
売約書、注文請書

SC (Service Contract)
船社(同盟もしくは盟外船)に一定量の貨物を補償する特定荷主に対し、一定期間、船社が割安運賃/サービスを提供する双務契約。
Shipped B/L
船積船荷証券、On board B/Lと同じ
主に在来船に船積した時発行されるB/L
shipment
船積
S/I(Shipping Instructions)
船積依頼書
S.R.CC (Strikes, Riots, Civil Commotions Risk)
ストライキ・暴動・騒乱危険。保険付保の際、特別約款の協会ストライキ・暴動・騒乱担保約款(S.R.CC Clauses=Institute Strikes Riots and Civil Commotions Clauses)を添付・挿入することで内容を補充。
通常、戦争危険(War Risk)とストライキ危険は一体として取り扱われる(War & S.R.CC)。
Straight B/L
記名式船荷証券 貨物受取権利者が船積時に既に特定されているB/Lのことで、B/Lの「Consignee」欄に直接輸入者名が表示されている。
quality
品質
quantity discount
数量割引
quintuplicate
5通の、5倍の
quota
割当
Received B/L
受取船荷証券
コンテナ船に船積した時やNVOCCが発行するB/L
Release Order
航空貨物引渡し指図書(輸入者が銀行に発行してもらったもの)、これを航空会社に提出と引換に貨物引渡指図書を発行してもらい、貨物を引取ることが可能になる。
Revocable L/C
取消可能信用状 ⇔反:Irrevocable L/C
信用状統一規則2007改訂時削除された。
Roll on / Roll off
略語:RO/RO
フェリーボートのように船腹・船尾などのランプウェー(入口)によって荷役できる貨物船、車両の輸送に適している。
Sea WayBill
海上貨物運送状、B/Lの様に有価証券の性格を有しない運送状で、輸入地においてB/Lの提示せずに船会社から貨物を引取る事ができる。
Sextuplicate
6通の、6倍の

Shipper's Pack
荷主の責任でコンテナ詰めをした貨物


Shipping Mark
荷印
Space Booking
船腹の予約、ブッキング
Stale B/L
時期経過船荷証券 信用状に提出期限が明記されていない場合は、B/L発行後21日までに銀行に呈示しないと受理しない。
信用状統一規則にて規定されている。
Tariff Rate
表定運賃率(海上運賃)
TTB Rate (Telegraphic Transfer Buying Rate)
電信買い相場。銀行が外貨を買う相場で、輸出時の決済に適用する。
Transferable L/C
譲渡可能信用状
Triplicate
3通の、3倍の
The Wassenar Arrangement
ワッセナー・アレンジメント。地域的な紛争の危険のある国に対して、通常兵器や軍事に転用可能な汎用技術を輸出しないことを取り決めた条約で、わが国でも輸出貿易管理令で輸出規制となっている。該当する場合、税関申告前に経済産業省の輸出許可必要
UCP (Uniform Customs and Practice for Documentary Credit)
信用状統一規則。現在使用されているものは2007年改訂版で国際商業会議所の出版物番号Publication No.600(UCP600)と呼ばれている。
ultimate user
最終ユーザー
unit
単位
valid until~
~まで有効
vanning
貨物をコンテナに積み込む事。 ⇔反:devanning
vanning plan
バンプラン、貨物のコンテナ内積み付け図を作ること
vendee
改訂
VMI(Vendor Managed Inventory)
ベンダー主導型在庫管理
川上のベンダーが納入先の在庫管理を代行する方式で3種類利用されている。
1)Consigned Inventory(委託管理方式)
ベンダーの所有物のまま、購入者となるメーカーの工場内倉庫にベンダーの管理責任の下、在庫を置く方式
2)Revolver Program(回転納入方式)
ベンダー毎に購入者の工場外に配送センターを持ち、そこからJITデリバリーを行う方式(従来のトヨタカンバン方式)
3)Vendor Hub(共同配送方式)
Supplier Hubともいう。物流業者が購入者の工場近く配送センターを設け、そこに複数納入者の商品を集中管理し、購入者の要望に応じてJITデリバリーを行う方式
TTS Rate (Telegraphic Transfer Selling Rate )
電信売り相場。銀行が外貨を売る相場で、輸入時の決済に適用する。
Tramper
不定期船
Transshipment
積み替え
Trust Receipt
輸入担保荷物保管証
TEU (Twenty-Foot Equivalent Unit)
20フィートコンテナ換算個数



user

輸入者との国内での契約先で、貨物の利用者

unit price
単価
usance
ユーザンス(手形期間)
validity
有効期限
vanning certificate
バンサート、バン詰め証明書
VAT (value-added tax)
付加価値税
vendor
売り手
verbal agreement
口頭契約
visa
査証
volume
貨物の物量(m3、重量kgs、コンテナ本数など)
volume discount
多量の場合の値引き
voyage
航海
War Risk (W/R)
戦争危険
保険付保の際、特別約款の協会戦争危険担保約款(Institute War Clauses)を添付・挿入することで内容を補充。
通常、戦争危険とストライキ危険(Strikes, Riots, Civil Commotions Risk : S.R.CC)は一体として取り扱われる(War & S.R.CC)。
WA
with average,with particular average 分損担保条件 新ICCでは「B」条件
分損不担保条件(FPA)との違いは「荒天遭遇による潮(海水)濡れ損害が担保されること」
WTO(World Trade Organization)
世界貿易機関
YAS(Yen Appreciation Surcharge)
円高損失補填料金(海上運賃)。アジア関係の同盟・協定が円高対策CAF(通貨割増料)にかえて導入した為替サーチャージ。
weight and measurement
W/M、M/W(略)。重量と容積
white goods
冷蔵庫や洗濯機などの耐久消費財、白物家電などという


yellow goods
暖房機やオーブンなどの耐久消費財
zone improvement plan
zipコード、米国の郵便番号制度

就業中スタッフの方Q&A

就業中スタッフの方からよくある質問とその回答をまとめています。問い合わせの前に確認してください。
研修は誰でも受けられますか?
ベルキャリエールにご登録いただいた方には、基本的に受講いただけるようになっておりますが、人数や講座要件上、受講メンバーをベルキャリエールで判断させていただく講座もあります。 詳細はお問い合わせください。      
お問い合わせはこちらから
ユーザーIDをお持ちの方は はじめにログイン!
電話でのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
HOME
ページトップへ戻る